妊娠、出産、子育てにかかる費用

>

子育てが始まる

出産後にかかる費用の事

無事に出産を終えると、今度は子育てが待っています。
出産後からだいたい1年間でかかる費用の相場をご紹介します。

まず、赤ちゃんはミルクが必要です。
母乳が出れば問題は無いのですが、母乳が出ない人は、ミルク代がかかります。
月には平均3缶ほど消費するようです。
1缶あたり約2000円なので、月にすると6000円ほどかかります。
最初はミルクの量も少ないですが、だんだん増えると思います。

そして、オムツです。
これはメーカーにもよって費用は異なると思いますが、だいたい月に2から3パックほど消耗します。
平均的には月2000円から3000円ほどかかるようです。

医療費などは、お住まいの自治体によって異なりますので、しっかり調べておきましょう。

成人するまでにかかる育児費用

産まれてから成人するまでにかかる費用の相場としては、平均約3000万ほどかかると言われています。
その詳細はいったいどうなっているのか、簡単にご紹介します。

まず、保育園に通う場合、これは父母の勤務形態や収入により保育料は異なります。
0円から6万4千円までの幅があります。
公立の幼稚園の場合は、年間約23万円ほどです。
私立の幼稚園はその倍の約50万ほどかかるようです。

小学校ですが、公立だと総額約30万円ほどで、私立だと約145万円かかるようです。

中学校、高校にかかる費用は、公立の中学校は総額約45万円、私立だと総額約130万円ほどかかります。
高校になると、公立は総額約40万円ほどで、私立だと総額約100万円かかります。
大学は私立や国公立、また短大や専門学校によって金額は異なります。

我が子が行きたいと思う学校に行かせることがベストですが、費用も考慮してみてください。


TOPへ戻る