妊娠、出産、子育てにかかる費用

>

出産にかかる費用

出産にかかる費用

出産までにかかる費用は、妊婦健診や各種の検査代です。

妊婦健診は、国や市から補助金が出る場合がほとんどです。
一回の妊婦健診にかかる費用の相場は4000円から5000円といわれています。
妊婦健診は保険が効きません。
他の検査は保険の効くものもあると思います。

入院と出産の費用ですが、これは病院によって異なります。
だいたいの平均は30万円から50万円くらいだと思っておいてください。
入院する日が伸びたりすると別途費用がかかってきたり、個室を希望する場合などもプラスで費用がかかります。
無痛分娩や帝王切開などの出産方法の違いによっても、費用が異なります。

自分が出産すると決めた病院に問い合わせて、入院費や出産費用を調べておきましょう。

出産育児一時金とは

出産育児一時金という言葉を耳にした事はありますか。
簡単に説明すると、健康保険に加入している人の出産費用の一部を給付してくれるという制度の事で、支給額は子ども一人につき、42万円と決まっています。
母子手帳をもらいに行った時や、病院からこのような手続きの話があると思います。
パートナーと一緒にしっかりと話を聞いて、出産育児一時金の事をしっかりと把握しておきましょう。

だいたいの出産は、入院や出産費用が42万円ほどで済む事がほとんどです。
ですが、病院によっては個室を利用したり、入院が伸びてしまった場合などは、42万円以上かかるところもあります。
その場合は、退院する際に不足分を支払わないといけません。

逆に、入院と出産費用が42万円以内で済んでしまった場合は、手続きをすると後日差額が返ってきます。
42万円以内で済んでしまった場合に関しては、忘れずに手続きを行いましょう。


TOPへ戻る